育毛剤はどれがいい?市販でも効果を感じるランキング!!

Home > 育毛剤の知識 > 自分の頭皮環境に合った育毛剤選びをする

自分の頭皮環境に合った育毛剤選びをする

育毛剤には主成分によって3種類の作用機序に大別されるので、自分の頭皮環境に合わせた育毛剤選びをする事が大切です。
血行を改善させる作用の育毛剤は、毛細血管を拡張させたり血流を促進する事で毛母細胞のスムーズな分裂を促す事が出来ます。
頭皮が血行不良を起こす事で毛根に栄養が行き渡りにくくなると共に、老廃物が溜まりやすくなってしまって薄毛や抜け毛の原因になります。
血行改善の効果のある育毛剤を使用する事によって薄毛予防や抜け毛予防をする事が可能になります。
ミノキシジルや塩化カルプロニウム、センブリエキスなどが配合されている育毛剤を使用する事で血行改善させる事が出来ます。
どのような成分が配合されているのかを確認すると共に、自分の頭皮環境がどのような状態であるかを把握する事が重要です。


健康な髪の毛を生やす為には毛根の毛母細胞に栄養が行き渡っている事が必用である為、毛母細胞に必要な栄養を補給する事が出来る育毛剤選びをする事が必用です。
毛髪が生えてきやすい環境を整える事で育毛ケアをする事が出来るので、ビタミン類やアミノ酸、オウゴンエキスやオトギリソウエキスが配合されている育毛剤が有効です。
男性ホルモンの一つであるテストステロンが変化したジヒドロテストステロンは毛母細胞の増殖を抑えてしまう可能性があり、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。
フィナステリドやエストラジオールなどの成分が配合された育毛剤選びをする事によって、薄毛や抜け毛を改善させる事が出来ます。
自分の薄毛や抜け毛の原因を知る事によって、必要な成分が何であるかを知る事が出来るので効率よく頭皮環境を改善させる事が出来ます。


薬局やドラッグストアで市販されている育毛剤の中から、自分の症状に合わせたものを選ぶ事が頭皮環境を改善させる為には重要です。
喫煙者や運動不足、頭皮が固い人は頭皮の血行不良を起こしている可能性が高いので血流を促進するタイプの育毛剤を使用する事で改善させる事が期待できます。
父親や祖父が薄毛の場合には男性ホルモンの影響を受けやすい体質が遺伝している可能性が高いので、男性ホルモンの働きを抑制する育毛剤が効果的です。
睡眠不足や偏った食事などで生活習慣が乱れている場合には、髪を生やす為に必要な栄養が毛根まで行き渡っていない可能性があるので毛母細胞に栄養補給する事が大切です。
いくつかの原因が複合して薄毛や抜け毛の原因になっている場合もあるので、まずは3つの種類の作用が配合されている育毛剤を使用する事も最適です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP